生活の違い②~飲み会編~

今回は、飲み会についてです。4月の歓送迎会の事も踏まえつつ書きます。

飲み会というと、どんなイメージでしょうか?

おそらく、居酒屋さんでお酒を飲んで帰るという感じだと思われます。まさにその通りなのですが、常陸大宮ではちょこっと事情が違います。

まず、東京などの都市の場合は、突然飲みに行こう!となっても飲み終わったら電車やバスで帰宅できます。大体、飲みに行くところは居酒屋さんやバーなどといった形でしょうか。常陸大宮にも、居酒屋さんはありますが、4月に歓送迎会を行った場所は旅館でした。

結局何が言いたいかというと・・・飲み会で都市との違いが出るのは、帰りの足です!ということです。

東京のように、電車が1時間に何本もあるわけではありません。そして、自宅が車でないと帰ることが厳しい方も多くいらっしゃいます。だからといって、ちょっと飲んだくらいなら運転して帰っちゃおう!というわけにはもちろんいきません・・・これじゃあ、飲酒運転で捕まりますからね(笑)あ、笑えない。さて、皆さんどうやって家まで帰るのでしょうか?

そのため、飲み会がある時はあらかじめ日にちが決まっていることが多いです。お酒を飲んだ方は、ほとんどの方がご家族かお友達、またはお酒を飲んでいない人に車で送ってもらいます。そこで、飲み会の中では必ずノンアルコール飲料があります。なので、お酒が飲めなくても大丈夫です。お酒が苦手な方でも気軽に参加できますよ♪あとは、お金はかかってしまいますが、代行運転を頼む方もいらっしゃいます。

地方は都市と違ってお金がかからないとよく言われます。確かに、スーパーにいくと、東京では考えられないくらい安い値段で野菜が売っています。私も常陸大宮のカサが大きく肉厚なしいたけが大好きで、スーパーでよく買ってしまいます。あとは、近所の農家さんから野菜を頂いたり、お裾分けしてもらうこともあります。なので、食費はかからないんじゃないかとよく思われがちです。

しかし、飲み会に関しては、東京にいる時よりもお金がかかるのではないかと思います。ただ、旅館で飲み会をやる機会は東京ではあまりなかったので、貴重な経験でした。こういった日常からも生活の違いが見えてきます。外部目線でまたこういったこともどんどん発掘していきたいと思います♪

あなたの力が必要です。

茨城県常陸大宮市では新たな地域おこし協力隊を募集中です!

我こそは!と思う方は是非、私たちと一緒に活動しましょう!

最新情報をチェックしよう!